読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき薔薇の雨

カトリック信者による信仰生活体験日記

みんなで何かやる

奉仕活動

子供の頃からずっと「皆でなにかやる」が苦手でした。

かなり内向的な性格だったので、仕切り屋の子と関わるのがすごく苦手で。仕切りが好きな子は、良かれと思って仕切るのだろうけど、子供だから下手な子を責めるようなこと言っちゃうこともあるのね。

例えば、家庭科の授業で皆で料理をしていて、私が自分の家のやり方でやってたら、違うやり方の家の子から「なんて非常識な!」と怒られたり。そして「出来ない子」扱いされちゃう。自分の家のやり方まで「非常識」なんて言われてとってもショック! もういや、あんな無神経な人達のいるところで一緒になにやるなんて、傷だらけのボロボロになっちゃう!

私はそんな言い返さない子供でした。

ただ私のような考え方の子供が言い返すと「うちではそれが常識なんだけど、あなたは私の両親を非常識だと断言するのですか。それはあなたの家の常識に過ぎないし、あなたの家の常識がスタンダードであり、それが他人を面と向かって非常識と決めつける根拠はあるのですか。まずは根拠を示しなさい。その上で、もし違っていたらきっちり謝ってもらう。ちなみに我が家が何故そのやり方をしているかの根拠も良心にヒアリングの上で示す。非常識さが、例えば我が家が貧困であるなどの事情であれば、あなたは私を公然と侮辱したことになるのでそれも謝ってもらう」という話になったと思います……。

気が小さくて言い返さないけど、頭の中は理屈っぽくて、責められると追い詰めるような攻撃で返す発想しかない子でした。

こんな言い返し方したら嫌われる、というのもなんとなくわかってたし。

いや話が遠回りしましたが……。

どう転んでも集団作業が苦手ということなのです。

「こんな私は一人で黙々と作業するのが合ってるよ」

そう考えて、一人で出来る事ばかりする子として成人して行きました。

さて、教会生活です。

そんな私が、今は集団作業が楽しい!

「教会に無神経な人はいない」ということはないと思います。教会にはいろんな人が招かれますから。

でも、優しくて強い人も一杯います。多くの信者さんが「一人一人の出来ることを、出来る範囲でやってもらえたら嬉しい」と考えていると思います。

野放図な子供時代のように、そして助けてくれる人もいない倫理観の失われた場所のように、「誰も助けてくれない」ということはないです。皆とは言えないけど、見ていてくれる人が誰かいる。何より神様が「大丈夫だよ」と言ってくれます。

また教会の奉仕を「神様のために」と思って行えば、失敗しても嫌なことがあっても「奉仕を通して行うお祈りは出来た」と思える。神様は見ていて下さいます。

気を楽にして、神様への奉仕と思って皆で行う奉仕活動に参加する。

椅子を運ぶのも神様のため、机を拭くのも神様のため。

そんな内に、掃除の仕方、料理の仕方、どうすれば他の人が助かるやり方でやれるか、ちょっとずつ教えてもらえるようになります。

そういう成功体験を少しずつ積んだら、次は、教会外の集団作業も好きになって来た。

慣れてくると、人からへたくそな手先を「だめねえ」なんて言われても「あはは、奥さんにはかないません〜」と流せたりする。そして「この人は自分の把握する環境の中で精一杯を生きていて、あまり外まで気が行かないんだな。でも、一生懸命生きてる人なんだろう」と思って、尊重の心を持てたりもします。

「私に無神経なことを言って嫌な気持ちにさせる人があまりいない環境」

「無神経なことをされても、優しくしてくれる人もいる環境」

優しさは、うんと優しいです。教会外で会ったほとんどの人より優しかった。

私は、教会で出会うことが出来ました。

広告を非表示にする

カトリック多摩教会の「ここクリ」に参加しました その2

奉仕活動

2016年12月25日の事。

私はカトリック多摩教会のクリスマスイベント「心の病で苦しむ人のためのクリスマス会」、通称「ここクリ」に参加しました。なんと、奉仕役です。

かつての地元教会ということもあり、こちらでは未信者の頃とてもお世話になりました。いつもいつも笑顔と温かな食事でのおもてなし。神父様の分かりやすくて胸の温かくなる教話。

「多摩教会に行けば、あたたかく迎えてもらえる」。

そんな心の拠り所のような場所が多摩教会でした。

信者になったので、所属教会は違えども、今度は自分が奉仕する側をやってみたいと思っていました。多摩教会の友人にその気持ちを伝え、その機会がやって来たのがこの「ここクリ」。

これまで、自分の所属教会でバザーの販売手伝い、掃除、調理手伝い等は経験しました。しかし、接客係は初めてです。何故なら多摩教会は、お客様をお迎えするイベントが(おそらく)東京一活発! 「おもてなしの家」とお呼びしたいくらい「お客様を招く、歓迎する」が大好きな教会だと思っています。

「お手伝いをしたい」とお願いすれば、なんとかして叶えてくれるのもありがたいところ。

これも教会の信者さん達の層が厚くて、皆が「お互いに尊重し合う」「協力し合う」ということを大事にしている方々だからだろうなと思います。

イベント企画は事前準備も綿密。

リーダーの方が、何か月も前から、イベント当日までのスケジュールを作り、ミーティングを重ねているそうです。

また、接客係のミーティングも設けられていました。イベントの主賓は心の病に苦しむ方々です。心の病について知らないと、お客様の苦しみがどういうものなのか、全くわからないこともあるかもしれません。勿論、完璧に理解できるということはないでしょう。でも、「出来る限り」という心遣いがここにはあるのです。

教会にいる間、少しでもお客様の苦しい思いに寄り添えるよう、「温かく接しましょう」「お客様が無理をすることのないように」という心がけを共有します。

さてイベント当日。

「ここクリ」は、聖堂での音楽会から始まります。聖歌隊によるクリスマスキャロルの合唱、豊島神父のお話、シンガーソングライターのSくんによるライブと賑やかなプログラムが続きます。

この中で心に残ったのが、Sくんの言葉。「ここクリ」発案者の前主任司祭晴佐久神父は「元気な人は楽しいクリスマスを迎えているでしょう。でも、病気で苦しんでいる人は、そんなクリスマスに参加できないと悲しんでいるかもしれない。病気の人のためのクリスマスをやろう」という思いで「ここクリ」を企画したそうです。

私も少しわかります。楽しい人達が楽しそうにクリスマスを祝っていても、自分が仲間に入れると思えないんです。その資格がないと思ってしまう。「ああいう賑やかなのは、幸せに暮らしている恵まれた人達に合う」「私なんか」と。

でも、苦しい思いの強い人は、もしかしたらもっと遠慮して、悲しくて寂しい思いをしているかも知れません。

教会は「そんなことないです。あなたに来てほしい。あなたが来なくては、私達も寂しい」と思って呼び掛けるんですね。

「ここクリ」初代は晴佐久神父だけど、現在の主任司祭の豊島神父もこのイベントを大事にしていらっしゃいます。晴佐久神父が異動されても、その心は多摩教会に受け継がれて、今も「皆に来てほしい」「教会はあなたの訪れを待っている」と呼び掛け続けているのだと思いました。

多摩教会の「ここクリ」に参加しました その1

奉仕活動

奉仕活動のカテゴリを始めて早速ですが。

カトリック多摩教会の名物「心の病の人のためのクリスマス会」(通称「ここクリ」)に奉仕者として参加しました。

私は多摩教会の所属ではありません。それにもかかわらず……。

色々あって別の教会で洗礼を授かりましたが、多摩教会は初めて私を招いてくれた教会です。初めての訪問者を手厚く歓迎してくれる風土のある教会なので(ちなみに、その風土は有名神父である晴佐久昌英神父が異動した後も変わっていません)、私も全くの異文化だったキリスト教の世界へ入って行く事が出来ました。多摩教会で受けた親切の数々は、今も大切な思い出です。

多摩教会で私はずっと未信者のいわゆる「お客さん」でした。

ずーっともてなしてもらっていた。

そして、洗礼を授かったいま、少しでも「もてなす側」というのをやってみたい。特に多摩教会でそれが出来たら、嬉しい。

そんな気持ちで、多摩教会の友人に申し出たところ、「ここクリ」を勧めて下さいました。

とはいえ、正直なところ、洗礼間もない内からあちこちの教会に顔を出すと、あまりよく思われないこともある、かもしれません。所属教会に帰属意識の強い信者さんもいるかもしれないですから。

ただ、自分の所属教会の神父様にうかがったところ、「ミサはいうまでもなくどこで与ってもOK」で、更に入門講座や聖書講座等も興味があれば所属教会以外でもどんどん出ていいものだそうです。

さて、そんな私がお任せ頂いた「ここクリ」でのご奉仕は「お客様のお話し相手役」。

ここで一度「ここクリ」を説明しましょう。

「心の病に苦しんでいる人達のためのクリスマス会」は、その名の通りのクリスマス会です。発案は前主任司祭の晴佐久昌英神父。聞くところによると、「元気な人達のクリスマスだけじゃなくて、心の病で苦しんでいる人達のためのクリスマス会をしよう」という思いから生まれたイベントだそうです。

私は今のところ心の病になったことはないけど、孤独感や寂しさ、「その集団の輪に入っていけない」という気持ちはよくわかる方です。「私がそこに参加していいのだろうか」「私なんか招かれてない」「私が行っても誰も喜ばない、楽しくない」「私はそこに行かない方が皆の邪魔にならなくていい」「私なんか、むしろいない方が皆楽しいよ」。どんどんネガティブになる。そんな気持ちもよくわかるのです。

そんな気持ちのときに「あなたが来ないと楽しくない」「あなたを待ってるんだよ」と呼び掛けてくれる事は本当にありがたいのです。

ちょっと話は逸れますが。

最近思うようになったこと。「あなたに来てほしい」と言われて行って、そして、もしかしたら自分が行った事で何か気まずい事が起きたり、嫌な顔をする人がいたり、うっかり誰かとケンカしてパーティぶち壊して帰って来ちゃったり、そんな事もあるかもしれないです。

私は、もしそんな事になったら「やっぱり私は行かない方がいいんだ」って、膝を抱えて泣くと思います。ずっとそうでした。

でも、教会は違うと思う。我慢しようと思ってたのに我慢できなくてどうしてもゆるせない事を口に出して批判しちゃってケンカになった。皆楽しく過ごしていたのに、ぶち壊し! 「ケンカなんかすんなよ」と怒ってる人もいる。でも、いいんです。勿論、気が落ち着いたら謝った方がいいです。だけど、謝って、次の機会にもう一度また参加したらいいんだと思うのです。それが教会だから。

全部の教会がそうしてくれるかはわからないです。

でも、晴佐久神父なら、多摩教会の人達なら、また受け入れてくれると思います。ごめんなさい、どうしても我慢できなくてパーティ壊しちゃいました。反省してます。本当に悪いと思たらでいいから、謝って。そして、また参加する。今度はケンカじゃない手段で折り合えるように頑張る。

たぶん、日本の社会生活だと、こういう機会、あまりないと思います。一回大失敗したらもう終わり、みたいな。皆、顔は「いいよいいよ」と言ってくれるけど、お互い気まずさが残ってしまって、もしかしたら疎遠になって。

でも教会だったら、心から反省したらやり直せます。何度でも。

大事なのは、いけない事をしたと思ったときに、「心から反省する事」なんだと思います。反省してゆるされたら、次は前よりもっと強い自制心をきっと持てます。すぐに上手くは行かないけど、繰り返すうちに、少しずつ変わって行けるかもしれない。

いつでも、「あなたに来てほしい」なんですよね。

私も、そんなふうに、悪い事をしてしまったときは素直に心から反省し、そして、反省している人を愛せる人になりたいです。

おっと奉仕の話が……。

それはまた今度に。

`い

教会の奉仕活動

奉仕活動

教会には様々な奉仕グループがあります。

どなたにもイメージしやすいものは、聖歌隊でしょうか。儀式(ミサ等)の中でオルガンに合わせて歌を歌ってくれる人達です。彼らも教会の信者の皆さんが有志として活動する奉仕グループのひとつなのです。

私の所属教会の神父様は「信者ひとり一つ奉仕グループに入って活動するのが理想的」と仰っていました。しかし、奉仕自体は「出来る人がする」という信仰生活においては二次的な活動でもあるようです。やはり教会の第一義的は「神を愛し、自らの貧しさを認めて生きること」なのでしょう。神との関係を生きることが、信仰のうえでいちばん大切と聞きます ネガティブな話から入りましたが、なんとなく、「奉仕してるから偉い」「奉仕していないから信仰が薄い」という価値観ではないというところははっきりさせたくて。

長い前置きから入りましたが、今回は教会奉仕活動の話です。

もし、教会奉仕に割いても問題のない時間があるならば、奉仕グループに入るメリットはいろいろあると思います。

1. 知人が増える。

まめにミサに出ているとなんとなくお互い声を掛け合ったりして、少しずつ知り合いは増えます。

しかし、奉仕グループに入ると知り合う人数が加速度的に増えます。

これは心強いです。代親以外にも教会活動について話したり、意見交換したり、時には助言を頂く人が増えるのですから。

2. 「自分の居場所」と実感できる。

教会は「神の家」です。その中で、自分にも何か役割があるということは、自分もその中の一員という実感に繋がります。用事を任されるということは、あてにされているのです。神様から。

3.教会に行く理由になる

熱い気持ちで洗礼を授かっても、どうしても教会から足が遠のく時があります。

そんな時に、奉仕グループに入っていると、とにかく教会に行ける。

「行ける」という言い方を変に思うかもしれませんが、ミサも出ることを強く勧められているものですが、決して強制参加ではないので「つい」さぼってしまいがちです。

そして、教会から離れれば離れるほど、やはり心も神から離れがち。そんなときに、奉仕グループの約束があると、教会に足を運ぶ理由になります。そして、教会に行けば、やはり素敵なのです。「心の中で思い続けていたより、聖堂はずっと心に響く」そんなふうに私は感じました。そして、改めてミサの大切さを思い出し、「次の日曜日はミサに行こう」と思える。

いま思いつくのは、その3つですね。

教会によっては、信者でなくても奉仕活動に参加できたりします。

神父様や係りの人に聞いてみるといいと思いますよ。聖堂で参加者募集をしていたりしますし。

ちなみに、力仕事の得意な方なら、お掃除への参加を喜ばれると思います。教会は信者の高齢化が進んでいて、80歳を超える女性達が聖堂の掃除を担当していることも珍しくありません。掃除機を使うとしても、なかなかの重労働です。申し出れば歓迎される事が多いのではないでしょうか。

広告を非表示にする

秘跡トリプル、未満

信仰生活

カトリックの某書籍に「結婚前にはゆるしの秘跡を受けるといいでしょう」と書いてあった。

所属教会の方に聞いてみたら「あなたは洗礼受けたばかりだからまだいいなじゃない?」とのこと。

とはいえ、心のもやっとがあったし、告解に行こうと考えていた日に丁度罪悪感募る出来事があったので、結婚式の前に告解に行ってきました。

一応、私の初の告解体験を大まかに書き記しますが、内容を書くつもりはないので、外側の手順と感想だけ。

続きを読む

グラツィア!

信仰生活
「神に感謝」以外、書くことがない。
至るところに神の恵みを感じる。私の力量以上のことを恵みとして与えて下さる。
私にこんな幸福があるはずがない。
神のお恵み以外に考えられない。
いつも結局同じ事を書いてしまうけど、ぼろぼろになって生きる気力をなくして、まずいと思ってももう何の力も出ないまま滅びてもおかしくなかったのに。神と出会ってとんでもないことに。健やかな命を救われ、更に育まれている。私のような者にさえも。
広告を非表示にする

ツンデレ

信仰生活

カトリック信者

「か、勘違いしないでよね! 神のためにやったんであって、あなたのためなんかじゃないんだからね!」

続きを読む
広告を非表示にする