読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき薔薇の雨

カトリック信者による信仰生活体験日記

ふしぎな出来事

信仰生活

洗礼を受けた数日後、私は友人からもらった音楽データファイルを聴こうとしていました。

そのデータはダウンロード期限の前に慌ててパソコンに落とし、操作ミスで間違った格納場所に置き去りにして放置状態になっていたのです。心当たりのフォルダから音楽データを探しました。弦楽四重奏の過去の演奏データなのです、頭の中は四重奏のイメージで一杯。

そしてそのファイルは形式がVLC。汎用的データ形式ですが、私は再生アプリを持っていません。

ネット検索して対象アプリをダウンロードしました。その四重奏のコンサートまで数日なのです。聴いて置いて出来るだけ曲を覚えたい。

音源を再生。さあ、どんなヴァイオリンの音が飛び出して来るか。

「父と、子と、聖霊の御名によって……」

晴佐久神父?!

VLC media playerの画面に現れたのは、2011年にサクラファミリアで行われた晴佐久昌英神父の講演動画。

ダウンロード許可されたデータなのに、再生アプリがなくてずっとローカルで観れなかった動画です。

観れるようになった……。

こ、これ、お恵み。

きっとお恵み。

ある意味、四重奏の演奏データを聴けるようになった以上に嬉しいことでした。

ちなみによく調べたら四重奏のデータ形式はmp3だった。普通そうだよね。

広告を非表示にする