読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき薔薇の雨

カトリック信者による信仰生活体験日記

「神は私を愛しています」

私は子供の頃から卑屈だった。
私は醜く、人並みでなく、みっともない歪んだ存在だと思っていた。
これは謙遜や謙虚と違う。
反面として、私はいつも過剰な自意識を持て余していた。真に謙遜な者が、こんな不安定な感情に自ら振り回されて困惑するはずがない。
私は私をこの世に受け入れられる資格のない醜悪なでき損ないと思っていたけど、同時に愛されたくてならなかった。
卑屈だと人のことも愛せない。依存的な愛着や、過度に自己投影的な愛情を抱いたり、愛することさえ下手だ。その愛は、相手を幸福にすることがない。
そんな普通の人が当たり前に出来ている(ように見えること)が、私には出来ない。それがまた苦しい。
一方で、自らを抑圧する私の他人への軽蔑も憎悪も激しかった。自分に価値を見出だせないことで愛せない者は、価値を見出だせない他人の事も愛せない。
愛は、条件によって与えられるものではない。価値があるから与えられるものでもない。そこにいる存在が、いとおしい。
神は、私たちが何者であり、どんな悪い面を持った存在でも受け入れて愛想とする。キリストが自らを裏切り、偽りの接吻を捧げたユダをなお「友よ」と呼ぶように。
それが少しずつ身に付いたとき、私は人の愛しかたが少しわかって来たように思う。
また、「信じること」も、力だ。
「神は私を愛している。何事も神が私をよくするために与えて下さったこと。苦しみも悲しみも」。
それを強く信じられたら、人は折れない。
この苦しみの中に恩寵があるなら、私は卑屈になったり絶望することはない。私がこの苦しみから何かを見つけ出せるよう、もっと良くなれるように神が与えて下さったのだ。
そう信じられれば、苦しみに心を汚され、健やかな私自身を損なうことはないのだ。
少しわかって、また神に感謝。
神はいつも私を見守り、いくつものギフトを下さる。