読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき薔薇の雨

カトリック信者による信仰生活体験日記

ツンデレ

信仰生活

カトリック信者

「か、勘違いしないでよね! 神のためにやったんであって、あなたのためなんかじゃないんだからね!」

教会挙式に向けて、神父様より結婚講座を授かっております。

気になるのは、「私がちゃんと配偶者を愛していけるか」。御心に叶う振る舞いは、無宗教の配偶者を幸せにできるはずだと信じて。

想像できる限りでだけど、きっと配偶者とけんかして、そして口をきくことも我慢できない時って来るんじゃないかと思うの。でも、本当は怒る自分の心が幼いし至らないんだと思います。冷静になればきっとそう思う。そんなとき、家事も家庭も投げ出して「やってられない!」って言いたくなるかもしれないけど。でも、掃除も終わってない、片付いてるはずのことが終わってない部屋を見渡して、きっと自分も後悔して痛むと思うんだ。

そんな時に。「配偶者のため」と思うと、掃除も片付けも嫌になっちゃうかもしれない。でも「神のため」と思えたら。私が配偶者との暮らしを大事にすることが御心に叶うなら、配偶者のことはいま一時的に「謝ってもらわなきゃゆるしませんよ」と怒ってシャットアウトしてても、「神のためにやってるんです」と思って生活を大事に出来るかな。

それは、とてもありがたい事だと思います。

勘違いしないでしよ! 働くのは神のためなんですからね。

あなたはこういうことをして私に迷惑をかけたんだから、ちゃんと謝らなきゃダメだよ。

謝ったらゆるせるけど、謝らなかったら、もう神のためにしかごはん作らないから!

相手が間違ったことをしたときも、「神のため」。

広告を非表示にする