読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れときどき薔薇の雨

カトリック信者による信仰生活体験日記

多摩教会の「ここクリ」に参加しました その1

奉仕活動

奉仕活動のカテゴリを始めて早速ですが。

カトリック多摩教会の名物「心の病の人のためのクリスマス会」(通称「ここクリ」)に奉仕者として参加しました。

私は多摩教会の所属ではありません。それにもかかわらず……。

色々あって別の教会で洗礼を授かりましたが、多摩教会は初めて私を招いてくれた教会です。初めての訪問者を手厚く歓迎してくれる風土のある教会なので(ちなみに、その風土は有名神父である晴佐久昌英神父が異動した後も変わっていません)、私も全くの異文化だったキリスト教の世界へ入って行く事が出来ました。多摩教会で受けた親切の数々は、今も大切な思い出です。

多摩教会で私はずっと未信者のいわゆる「お客さん」でした。

ずーっともてなしてもらっていた。

そして、洗礼を授かったいま、少しでも「もてなす側」というのをやってみたい。特に多摩教会でそれが出来たら、嬉しい。

そんな気持ちで、多摩教会の友人に申し出たところ、「ここクリ」を勧めて下さいました。

とはいえ、正直なところ、洗礼間もない内からあちこちの教会に顔を出すと、あまりよく思われないこともある、かもしれません。所属教会に帰属意識の強い信者さんもいるかもしれないですから。

ただ、自分の所属教会の神父様にうかがったところ、「ミサはいうまでもなくどこで与ってもOK」で、更に入門講座や聖書講座等も興味があれば所属教会以外でもどんどん出ていいものだそうです。

さて、そんな私がお任せ頂いた「ここクリ」でのご奉仕は「お客様のお話し相手役」。

ここで一度「ここクリ」を説明しましょう。

「心の病に苦しんでいる人達のためのクリスマス会」は、その名の通りのクリスマス会です。発案は前主任司祭の晴佐久昌英神父。聞くところによると、「元気な人達のクリスマスだけじゃなくて、心の病で苦しんでいる人達のためのクリスマス会をしよう」という思いから生まれたイベントだそうです。

私は今のところ心の病になったことはないけど、孤独感や寂しさ、「その集団の輪に入っていけない」という気持ちはよくわかる方です。「私がそこに参加していいのだろうか」「私なんか招かれてない」「私が行っても誰も喜ばない、楽しくない」「私はそこに行かない方が皆の邪魔にならなくていい」「私なんか、むしろいない方が皆楽しいよ」。どんどんネガティブになる。そんな気持ちもよくわかるのです。

そんな気持ちのときに「あなたが来ないと楽しくない」「あなたを待ってるんだよ」と呼び掛けてくれる事は本当にありがたいのです。

ちょっと話は逸れますが。

最近思うようになったこと。「あなたに来てほしい」と言われて行って、そして、もしかしたら自分が行った事で何か気まずい事が起きたり、嫌な顔をする人がいたり、うっかり誰かとケンカしてパーティぶち壊して帰って来ちゃったり、そんな事もあるかもしれないです。

私は、もしそんな事になったら「やっぱり私は行かない方がいいんだ」って、膝を抱えて泣くと思います。ずっとそうでした。

でも、教会は違うと思う。我慢しようと思ってたのに我慢できなくてどうしてもゆるせない事を口に出して批判しちゃってケンカになった。皆楽しく過ごしていたのに、ぶち壊し! 「ケンカなんかすんなよ」と怒ってる人もいる。でも、いいんです。勿論、気が落ち着いたら謝った方がいいです。だけど、謝って、次の機会にもう一度また参加したらいいんだと思うのです。それが教会だから。

全部の教会がそうしてくれるかはわからないです。

でも、晴佐久神父なら、多摩教会の人達なら、また受け入れてくれると思います。ごめんなさい、どうしても我慢できなくてパーティ壊しちゃいました。反省してます。本当に悪いと思たらでいいから、謝って。そして、また参加する。今度はケンカじゃない手段で折り合えるように頑張る。

たぶん、日本の社会生活だと、こういう機会、あまりないと思います。一回大失敗したらもう終わり、みたいな。皆、顔は「いいよいいよ」と言ってくれるけど、お互い気まずさが残ってしまって、もしかしたら疎遠になって。

でも教会だったら、心から反省したらやり直せます。何度でも。

大事なのは、いけない事をしたと思ったときに、「心から反省する事」なんだと思います。反省してゆるされたら、次は前よりもっと強い自制心をきっと持てます。すぐに上手くは行かないけど、繰り返すうちに、少しずつ変わって行けるかもしれない。

いつでも、「あなたに来てほしい」なんですよね。

私も、そんなふうに、悪い事をしてしまったときは素直に心から反省し、そして、反省している人を愛せる人になりたいです。

おっと奉仕の話が……。

それはまた今度に。

`い